. .

ベンツのクラス、徹底解説!!

ベンツの中でも高い人気を誇る「Cクラス」。
2
一番小さいベンツということで、最初はコンパクトクラスと呼ばれました。
日本ではコベンツなどと揶揄されていました。
モデルチェンジしてW202から正式にCクラスと呼ばれる様になりました。

90年代にトヨタがレクサスで高級車市場に進出し
Sクラスの市場を脅かしてきたため
ベンツはCクラスのさらに下にAクラスを設定しました。

Cクラスの下のモデルとしてAクラス
Aクラスのシャーシを使いBクラスを投入。

ベンツには「A/B/C/E/G/S」があります。

Sクラスのクーペとして「CL」(Coupe Luxury)
Eクラスクーペとして「CLK」でCLのショートホイールベースということで
「短い(Short)」のドイツ語「クルツ(Kurz)」のKが付きます。
1
最近、Cクラスにもクーペが追加されています。

SUVがEクラスのシャーシからMLクラス
Rクラス、GLクラスが派生します。
MLクラスはMクラスとも呼ばれますが
BMWにM3/M5というモデルがあるために区別の意味でMLクラスと呼ばれます。

GLクラスはゲレンデヴァーゲンのラグジュアリーという意味で
オフロードの高級車という感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>