. .

わかりやすいベンツのクラス解説

ベンツにはクラスがあり
小さい方から、A/C/E/Sクラスとなっています。

他は全て、このどれかから派生したモデルです。
1
まず、一番小さいモデルがコンパクトハッチの「Aクラス」。
これの屋根を高く室内空間を広げたのがその上の「Bクラス」。
今後、このAクラスから「CLA(CLC)クラス」「GLAクラス」
「SLAクラス」(いずれも仮称)の計5車種が展開されます。

次が「Cクラス」で、ここからトランクを持つセダンタイプです。
セダンから荷室を伸ばした「ワゴン」と2枚ドアの「クーペ」が派生
ワゴンの車高を上げたSUVが「GLKクラス」とオープンカーが「SLKクラス」。

次、「Eクラス」はセダンとワゴンにクーペがあります。
2
そしてEワゴンの車高を上げたSUVが「Mクラス」
これを3列シートで7/8人乗りにしたのが「Rクラス」。
Eクラスセダンをスタイリッシュセダンにしたのが「CLSクラス」
これのワゴンが「CLSブレーク」、オープンカーが「SLクラス」。

最後にベンツ中で一番大きなセダンが「Sクラス」、このクーペが「CLクラス」。

こんな感じです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>